sai_blog_attention





03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

G25-まったりDRIVING

G25-コクピット仕様にて、まったりとPs3-車ゲームやってます。他のゲームもやるけどね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SUS-cockpit Ver.FD3S [5]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

今回は、Aパーツのハンコン本体とパドル補強関連でーす。
 (Aパーツ「ペダル」 は、別記事で)

■Aパーツのハンコン本体改造・1
SUS-ver3-FD c-00060
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
これらは、ハンドルに付いている、ボタン(L1,L2,R1,R2)の信号を
Bパーツのスイッチ・ユニットへ持って行く為の配線です。
左上画像に写ってる、D-Sub9ピン コネクタは自作。
(コネクタ先端とコードの間にある、白い部分は、ホットボンドで成形)
私は、ホットボンドと呼んでいますが、グルーガン、ホットメルトと同じ物です。
※ホットボンドの成形は、熱い内に、指を水に濡らして、
  冷え固まらない内に、成形します。(火傷注意)

ここの本体改造は、数回やり直していますので、
 ボツになった穴とかが見えていますw (ホットボンドで埋めてる)

右下の画像は、信号線途中から枝分かれさせた為に、
標準のコードを収める場所に設置すると、
コードが数cm短くなので、ショートカットさせました。
その時にギアとかに巻き込まれない様にと、
コード自体が、センター位置をキープして効率良く、
動作に影響が出ない様に、コードの中身を取り除いた、
外皮で、ガイドを作ってあります。
 (多少、シリコンオイルを塗ってます)

※乳白色な部分は、全てホットボンド(透明)が固まった状態

■Aパーツのハンコン本体改造・2
SUS-ver3-FD c-00061
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
最終的には、モーターコードへの配線は、ボツにしましたw
(標準状態に戻してあります)

後で、他の細いコードで、やった方が良かったと・・・後悔w
(この時は、このコードしか無かったのでw)
ケチらずに、コード買えば良かったわ。 ><


■ハンコンへの延長線
SUS-ver3-FD c-00062
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
①:G25標準
初めは、G25の取り付け部分の大きさ的に、「②B」を切断して、
「②A」を自作で作ったんだけど・・・数ヵ月後、気が変わってw
「ELECOM - RS-232C延長ケーブル - C232N-E9」を購入w
ただ、そのままでは使用出来ないので、「③A」&「③B」共に改造
右上画像&左下画像:切断処理後
右下画像:色々作ったが、ボツ・・・w

■ハンコンへの延長線(ACアダプター)
SUS-ver3-FD c-00063
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
上と右に写ってるのが、G25部品です。
下のコネクタが、一般的に売ってる物なのですが、
G25のACアダプター先端のオス部分が、11~12mm位と、
ハンコン本体部分のプラスチックの厚み分がありますので、
最低12mmは、欲しい感じです。
 
外形など似てる物を探したのですが・・・殆ど10mm
この状態だと、刺さって通電はするのですが、揺れたりすると抜けますw
オス部分を差し込んで、「カチッ」って鳴らないとダメなので、
色々探したら、15mmってがあって、それを使用しました。
差込後、約2mm位の隙間が出来ますが、「カチッ」とロックされているので、
大丈夫かと。

■ハンコン本体・裏側(完成)
SUS-ver3-FD c-00064
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
ハンコン本体部分は、これで完成です。
延長線にしている部分は、
ペダル・コネクタ、シフト・コネクタ、
 AC電源コネクタ(スイッチパネルの関係上)

って言うか、「何で延長線???」 と思われると思うのですが、
1.一度、SUSのハンコン取り付け部分的に、ハンコンを取り付けると、
  後でコード群を取り付けられないSUS設計だったのでw

2.メンテナンス的にと、テスト作動させる時に、都合良くする為

3.完成後、いつでも簡単に、
  違うG25ユニット(シフト部分、ペダル部分)を
  個別で入れ替えが、出来る様に。

などなどを考えてましたら、
延長線にした方が、良いかと思いこの仕様にしました。

■自作パドルシフト部分の補強改造・1
SUS-ver3-FD c-00065
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
前記事で、
「ハンドルユニットに、変な穴が4つ空いてますが・・・ 次回へw」
の続きです。

これらは、自作パドルシフトが、横方向に長いのとアルミ製(2mm)
と言う事で、操作時に多少ですが「ボヨヨ~ン」とブレが収まりにくいのですw
なので、純正部分だけでは、無理っぽいので補強って感じです。

これらの補強は、G25純正のパドルシフトの軽さが気になる方には、
有効だと思いますよ。スプリングのテンションで重くなりますから。
(まあ、誰もやらないだろうけどw)
左上画像:7mmのアルミ丸パイプと、バネ(パイプの内径に入るなら何でも)
右上画像:左が切断後、バリが・・・ 右の5個が研磨済みで完成。
左下画像:G25本体に穴あけ(6mmで開けて、7mmまで調整しながら拡張)
右下画像:パイプ埋め込み、ホットボンドで隙間埋めと接着固定

■自作パドルシフト部分の補強改造・2
SUS-ver3-FD c-00066
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
G25純正パドルシフト装着後、位置確認。

■自作パドルシフト部分の補強改造・3
SUS-ver3-FD c-00067
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
G25純正パドルシフトだけなら、あれで完成でも良いのですが、
私の自作パドルシフトの内側(スプリングが当たる)部分が、
純正より狭い為、スプリングが半分位しか当たらないのと、
動作時にスプリングが、アルミパイプ部分に擦れて、
変な音がするので、多少改良w

「超低頭小ネジ」これの頭(ドライバー部分)の厚みが、1.2mmと
薄いので、これを使ってみた。
G25ボディにも干渉してなくて、位置も良い感じ。
バネの擦れる音も無くなりましたが、
ネジピッチ分の音は鳴ったり鳴らなかったりで・・・
 鳴っても、小さいので気にならないLV。
まあ、ネジピッチ部分を埋めて、ツルツルにすれば良いのだけどねw
(他の物を使ってみるなど、改良の余地はありだなw)

■自作パドルシフト部分の補強改造・3
SUS-ver3-FD c-00068
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
全て取り付けた、現状の完成画像。


今回は、ここまで。 次回は、ペダル関連の予定ですw

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Amazon.co.jp 【グランツーリスモ 6 予約】 

※左側↓【PlayStation 3】 グランツーリスモ 6 【初回限定版】
                  -15周年アニバーサリーボックス-
グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス-      グランツーリスモ 6 【通常版】

※右側【PlayStation 3】 グランツーリスモ 6 【通常版】↑

PlayStation4 banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。