sai_blog_attention





05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

G25-まったりDRIVING

G25-コクピット仕様にて、まったりとPs3-車ゲームやってます。他のゲームもやるけどね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドライビング・シューズ GET!

こんばんわ(゚∀゚)ノ

ハンコン使用者の方々、ペダルをどんな物で操作(踏んでる)のかな?
ハンコンの種類によっては、金属ペダルの商品も多々あります。
私は、地味に靴下ばっかりで、
 コクピ座る時に毎回それなりの靴下に履き替えてましたw
 (裸足だと、やっぱり怖いしw)

まあ、これが地味に手間w 今は夏だし・・・暑いw

と、言う事で前々から、「ドライビング・シューズ」なる物を、
 探していたのですが・・・
価格面、軽さ面、足にフィツトする感 などなど・・・
 色々な意味でイマイチピンと来るものが、無かったんですよねw

 で・す・が!
たまたま、こんなのを発見してしまってw
価格も安かったので、テスト目的に購入してみましたw

■キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) マリンシューズNEO ネイビー
CAPTAIN STAG-01
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
俗に言う、マリン・シューズ・・・w
※海、川、などで、足に怪我とかを防ぐもの。

これが、地味に良いよ!!!w
 軽い~~~ (私が購入した、Lサイズの片方側で、197g)
 柔らかい~~~ (生地面と底のゴム部分も程々に柔らかい) 
 通気性が良い~~~ (水辺用だし、排水の事もあり、上部メッシュ)
 価格も安い~~~ (私が購入した時は、50%OFFの1,458円でした)

履いた感じも、素足にピッタリの密着感w
 (まあ、水辺では、履いたまま泳ぐからねw)
軽さも手伝って、履いてない感じ位、快適! ←チョイ大げさw

”違和感の無さ” 的には、こんな感じ
 素足>靴下>ルームシューズ=この商品>>>靴類

基本、素足の感覚で、底にゴム部分があるので、
 怪我とか気にせずに、ペダル操作が出来ます。

ルームシューズも良いかもですが、底部分の処理(ゴム系)と、
上面がメッシュで、通気性が良いので、こちらに歩があると思います。
履いたり、脱いだりも、簡単!(柔らかいからw)

■接地面
CAPTAIN STAG-02
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
矢印の指している、ゴムのバリみたいな所で、
 底と側面との境目となります。

結構、側面側にもゴムがあるので、安心! (ナニガ・・・w)

ゴムもそれ程、厚みがある訳でもなくw
 どっちかと言うと薄いかな? なので、靴をクルクル巻けますw

■色々な角度から・・・w
CAPTAIN STAG-03
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
足首部分の後ろにある、プラ部分(脱げ防止の為のヒモを絞り固定)
 などは、家使用で邪魔なら、切ればOKw
黄色いラインの内側部分(シューズ上面の真ん中)だけが、メッシュです。
 (それなりの通気性w)

右下の画像は、履いた状態のイメージ画像ですw
 (Lサイズ購入、私の足サイズは、26cm程)
後、足のキズは、スルーでw (昔バイクの時の・・・w)

まあ、人によりけりダケドw
 マジこれは、良いよ! (靴系の重みや硬さがないから)
価格も安いし、一度お試しアレw
 (もし、合わなかったら、海や川で使ってクレw)
               ↑本来の使い方だろ・・・ソレw
他にも沢山、”マリン・シューズ” 系はあるだろうけど、
他の物は、試してないので、ノーコメント (自己責任でw)


最後に・・・
■商品詳細:
 ・重量:S/315g M/430g L/460g ←私が計測したら片方で(197g)
 ・サイズ:S/22cm-23.5cm M/24cm-25.5cm L/26cm-27.5cm
 ・材質:表皮/ナイロン100%  中層/指定外繊維(エチレン酢酸ビニル)
      底/合成ゴム
■商品コメント:
 ・足全体を覆うシューズタイプで安全度がUP!
 ・メッシュ生地で通水性・通気性バツグン!
 ・足首のコードロックで脱げを防止!

※これらは、大人用です。
※購入時には、S、M、L サイズをお間違え無く。
※子供サイズは、JS、JM、JL 明記ですので、お間違え無く。


じゃ、またね。(゚∀゚)ノシ
スポンサーサイト

SUS-cockpit Ver.FD3S [7]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

私の使用している、コクピの
 「SUS-cockpit Ver.FD3S」 なんですけど、
完成して、もう 4ヶ月も経ちましたw
使い始めてから、連日ハードに使い捲ってまして、
パダル周りに気に入らない所とかもありまして、
メンテついでに、先週からパダル部分を全バラシ、していましたw

ようやく、メンテ終了w

■特に前と変わって無い様な・・・変わってる様な・・・w
G25cockpit_FD001a
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

やった事は・・・
 ・ペダル位置関連(奥行き、高さ、左右幅)の見直し
 ・ダンパー部分のオイルチェック(OIL量の変更)
 ・ダンパーのスプリング変更調整(硬さなど)
 ・ペダルユニット への ストッパー追加

まあ、書けば簡単な事なんだけどw
 結構時間が掛かるものなんですよ。
 (自分が納得出来るまで、繰り返しますからねw)
 この位置にするだけでも、数時間w
 SUSコクピの良さは、1mm単位の調整が可能な事なんだけど、
 逆に言えば、1mmずれで、再調整も多いわけですよw

■とりあえず、完成。
G25cockpit_FD002a
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
まあ、メンテ前より、良くなった・・・ って感じですw
とりあえず、しばらくはこれで様子見ですw

じゃ、またね。(゚∀゚)ノシ

SUS-cockpit Ver.FD3S [6]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

前回の記事から時間掛かりまして、すみませんです。
今回のAパーツ・ペダル関連で、一通り紹介出来たと思います。

では、本題へ

■初期予定(上)~仕様変更~完成品(下)
SUS-ver3-FD c-00070
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
色々チャレンジしてみましたが、どうしても作動音など、
消えない(高音は消せても、低音のゴンゴン音などは無理w)
でしたので、違う方法を考えてまして、
取り付け方法や、センサーなどの配置など、
色んな意味で同じ物を3個作った方が、経済的にも助かりますので、
アクセルペダルを基本として、それのコピーを作る事に決定w
 (アクセルペダルは樹脂製なので、軽量と動作音の静かさなど、
  後、加工のし易さと言う感じでベストなのは、判っていたのですが・・・w)

まあ、ここまでで数ヶ月間w(どうしても諦めきれなかったのでw)

■ペダルの色々な角度から・1
SUS-ver3-FD c-00071
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
■ペダルの色々な角度から・2
SUS-ver3-FD c-00072
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
※ブルーアルマイトの部品は、全部ラジコン関連のパーツです。

この画像にある、ペダル関連部品&コードは、
一切、G25の部品を使っておりません。全てオリジナル(自作)
最悪、動作不良などになった時用にG25ペダル一式、丸々残してあります。

先にダンパー部分の事を少し。
※GPM (タミヤ CR01) 調整式 アルミ ダンパー
 (上下の軸間長さ、10cm)
を使ってます。
ネットで色々調べて、この軸間の長さとシャフト部分の太さで選んでます。
このサイズだと、シャフトもそれなりに太くて曲がりにくいかと。
で、それぞれに付いている効果は、あるのかと言いますと・・・
微妙ですwww (有ると無いとでは、全然違うけどw)

  まあ・・・ priceless なのですよw

※スプリングのみの場合とは、踏み込んだ感じが違いますよ。多少リアルw

ダンパーのシリンダー部分には、オイルを入れていません。(数滴程)
ダンパー効果的にオイル入れたら、踏み込みは、多少重くなるのですが、
戻りが遅くなり、細かなアクセルワークするには、不向きw
ブレーキとクラッチなら、多少は使えるけどw
スプリングを強くする手も、あるのですが、
アクセルは、ちょい軽過ぎなので、75点って感じ。
ブレーキは、ダブルダンバーのスプリング有りなので、85点って感じ。
クラッチは、スルーw(アクセルと同じ仕様)

90点以上にするには、交換用のスプリングが必要なのだけど、
この製品の元車的に、殆ど種類が無い(あっても柔らかい物)
ツーリングカーやドリフト車の様な硬さのバリエーションが無いw
この辺は、また違うものでチャレンジしてみますw
(やっぱ、満足度90点以上にしないとな・・・w)

■ペダル・センサー部分
SUS-ver3-FD c-00077
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
※ブルーアルマイトの部品は、全部ラジコン関連のパーツです。

今回使用した、センサー部分(可変抵抗器)は、
※センサテック株式会社のELV-16シリーズ(電子ボリューム)です。
http://www.sensatec.co.jp/seihin/elv16.html
[ELV-1605HI] & [ELV-1605HD] 両方購入しまして、
アクセル:ELV-1605HD
ブレーキ:ELV-1605HI
クラッチ:ELV-1605HI
と、言う感じで使用しています。
もちろん、アクセルも同じ物で動作したのですが、
折角買ったのでw アクセルだけ違う物を使ってます。

これらは「非接触で接点不良が無く、長寿命」
※抵抗変化特性は、Bカーブのみです。
動作寿命:1,000万回転以上(詳しくはメーカーHPで)
一般的に安価で売っている、
炭素系・可変抵抗器の軸回転寿命は、約 1.5万回転程
※(G25 & G27 も炭素系)

後、気を付けないといけないのは、
可変抵抗器(炭素系)などには、有効回転角度が商品毎に違います。
120度とか、360度とか・・・その角度間で抵抗値変化しているので。
その角度範囲以外には動きません。(軸自体、ロックされて回転しません)

今回買った物は、360度グルグルと凄く軽く回るのですが、
電気的有効角度は、±15° & ±60° なので、
取り付け時に数回テストしながら、初期値の角度を見つけないと、
G25などの、自動調整も範囲外になって、
動作が逆転したり、半分しか動かなかったりします。
(まあ、誰も交換しないだろうけどw)
これらのセッティングは、PS3では無く、
 パソコンにて、セッティングしています。
※ [G25ドライバー] をインストして、その画面で確認しています。

コード類も今回初めて「ロボットケーブル」なる物を使ったのですが、
凄く良かったですw
※Harmonet (KRT AWG28) スリムロボットケーブル
 (2芯、3芯、4芯 3種類)
細くて、コードが柔らかく、取り回しの楽さ、言う事なしw
ただ、中の芯(コードが細いので、ワイヤーストリッパーなど使わないと大変w)
私が使っているのは、コレ↓
http://www.hozan.co.jp/catalog/Wire_strippers/Wire_strippers.htm

最初から、この「ロボットケーブル」を使っていれば・・・
全て、この仕様に出来たのに・・・ _| ̄|○ il||li

■ペダル・ダンパー取り付け部分の裏側
SUS-ver3-FD c-00073
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
アクセルとクラッチペダル軸には、スペーサーを噛まして、
センター維持しています。(ブレーキは、仕様が違うのでw)
裏の樹脂による、斜めの部分は、リューターで削りました。

■ペダル加工などなど・1
SUS-ver3-FD c-00074
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
初めにも書きました、「どうしても諦めきれなかったので・・・」
これの事で、型取りして複製を作ったりしたのですが、
納得いく物にはならなくて・・・ ボツw
やはり、「本物」でなければ、意味が無いじゃん!!! って事で、
ぶった切りましたw (いつものディスグラインダーにてw)
これが・・・ マジやっかいw
アルミ製なので、切断中に溶けてくるので、切断出来ないwww
(グラインダーの歯は、金属切断用だけど・・・)
切断諦め、お店で違う歯を捜しに行き、
試しに、目が粗い物を買って(FRP切断用)
これが・・・ キタ――(゚∀゚)――!! って感じで、あっさり切れたw
今までの汗だくの時間返してクレって程、簡単にw

でも・・・ これをそのまま取り付けたら、アクセルの様な形が・・・
残るのが嫌なので、そのペダル部分に合う様に、
また、ディスグラインダーで削り捲りw
アクセル・ペダルの形は、樹脂での一体成形なので、結構手間が掛かるw
勢い余って削ってると、「切断」って事になりますから、
細心の注意を払いながら、ミリ単位の削りなのですよw
※ディスグラインダーの歯は、FRP専用にしてます。

■ペダル加工などなど・2
SUS-ver3-FD c-00075
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
削り終わり、多少凸凹もあるし、傷だらけだし・・・
このままでは、私的に嫌なのでw
パテを盛って→ 研磨 → 色塗り しました。
車のバンパー用、パテで成形して、耐水ペーパーで綺麗に。
※パテ成形時の画像ありませんw すみません。

その後、樹脂にも塗料が乗り易いように、専用のプライマー処理。
で、通常の缶スプレー(銀)、乾燥後クリアー塗装。
※アクセルは、そのままで何もしていません。
先程、切断した、ブレーキ&クラッチのペダル部分も、
 アルミそのままでしたら、くすんでくるので、
多少、ピッカピッカに研磨してから、
 アルミの素材を生かしつつ、クリアー塗装のみ。

■ペダル加工などなど・3
SUS-ver3-FD c-00076
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

■ペダル加工などなど・完成!
SUS-ver3-FD c-00078
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
ブレーキとクラッチの軸部分は、アクセルのパーツなのに、
先っちょの部分換えると、それなりに・・・ だと思いますw
私的には、これで満足w (色々な意味でこちらの方が、良いからね)


■最後におまけ・1 (2年前のペダル部分)
SUS-OLD2009-001
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
■最後におまけ・2 (2年前のシフト部分)
SUS-OLD2009-002
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
2年前までは、これでも十分に満足したたんだけどなぁ・・・w
人の欲は、恐ろしいものだ・・・w ←アンタだけだと思うがw

これで、新しいコクピット(SUS-cockpit Ver.FD3S)を紹介出来たと思います。
また、小ネタ的に(SUS-cockpit Ver.FD3S)番外編があるかもですが、
一応、これにて紹介シリーズは、終了です。
今まで見て貰って有り難う御座いました。
時が経ち、PCシム系に興味が移ったら・・・ メーター周り改造するかもw
と、言う事でまだまだ、改造は続きそうだな・・・w

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ

SUS-cockpit Ver.FD3S [5]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

今回は、Aパーツのハンコン本体とパドル補強関連でーす。
 (Aパーツ「ペダル」 は、別記事で)

■Aパーツのハンコン本体改造・1
SUS-ver3-FD c-00060
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
これらは、ハンドルに付いている、ボタン(L1,L2,R1,R2)の信号を
Bパーツのスイッチ・ユニットへ持って行く為の配線です。
左上画像に写ってる、D-Sub9ピン コネクタは自作。
(コネクタ先端とコードの間にある、白い部分は、ホットボンドで成形)
私は、ホットボンドと呼んでいますが、グルーガン、ホットメルトと同じ物です。
※ホットボンドの成形は、熱い内に、指を水に濡らして、
  冷え固まらない内に、成形します。(火傷注意)

ここの本体改造は、数回やり直していますので、
 ボツになった穴とかが見えていますw (ホットボンドで埋めてる)

右下の画像は、信号線途中から枝分かれさせた為に、
標準のコードを収める場所に設置すると、
コードが数cm短くなので、ショートカットさせました。
その時にギアとかに巻き込まれない様にと、
コード自体が、センター位置をキープして効率良く、
動作に影響が出ない様に、コードの中身を取り除いた、
外皮で、ガイドを作ってあります。
 (多少、シリコンオイルを塗ってます)

※乳白色な部分は、全てホットボンド(透明)が固まった状態

■Aパーツのハンコン本体改造・2
SUS-ver3-FD c-00061
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
最終的には、モーターコードへの配線は、ボツにしましたw
(標準状態に戻してあります)

後で、他の細いコードで、やった方が良かったと・・・後悔w
(この時は、このコードしか無かったのでw)
ケチらずに、コード買えば良かったわ。 ><


■ハンコンへの延長線
SUS-ver3-FD c-00062
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
①:G25標準
初めは、G25の取り付け部分の大きさ的に、「②B」を切断して、
「②A」を自作で作ったんだけど・・・数ヵ月後、気が変わってw
「ELECOM - RS-232C延長ケーブル - C232N-E9」を購入w
ただ、そのままでは使用出来ないので、「③A」&「③B」共に改造
右上画像&左下画像:切断処理後
右下画像:色々作ったが、ボツ・・・w

■ハンコンへの延長線(ACアダプター)
SUS-ver3-FD c-00063
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
上と右に写ってるのが、G25部品です。
下のコネクタが、一般的に売ってる物なのですが、
G25のACアダプター先端のオス部分が、11~12mm位と、
ハンコン本体部分のプラスチックの厚み分がありますので、
最低12mmは、欲しい感じです。
 
外形など似てる物を探したのですが・・・殆ど10mm
この状態だと、刺さって通電はするのですが、揺れたりすると抜けますw
オス部分を差し込んで、「カチッ」って鳴らないとダメなので、
色々探したら、15mmってがあって、それを使用しました。
差込後、約2mm位の隙間が出来ますが、「カチッ」とロックされているので、
大丈夫かと。

■ハンコン本体・裏側(完成)
SUS-ver3-FD c-00064
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
ハンコン本体部分は、これで完成です。
延長線にしている部分は、
ペダル・コネクタ、シフト・コネクタ、
 AC電源コネクタ(スイッチパネルの関係上)

って言うか、「何で延長線???」 と思われると思うのですが、
1.一度、SUSのハンコン取り付け部分的に、ハンコンを取り付けると、
  後でコード群を取り付けられないSUS設計だったのでw

2.メンテナンス的にと、テスト作動させる時に、都合良くする為

3.完成後、いつでも簡単に、
  違うG25ユニット(シフト部分、ペダル部分)を
  個別で入れ替えが、出来る様に。

などなどを考えてましたら、
延長線にした方が、良いかと思いこの仕様にしました。

■自作パドルシフト部分の補強改造・1
SUS-ver3-FD c-00065
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
前記事で、
「ハンドルユニットに、変な穴が4つ空いてますが・・・ 次回へw」
の続きです。

これらは、自作パドルシフトが、横方向に長いのとアルミ製(2mm)
と言う事で、操作時に多少ですが「ボヨヨ~ン」とブレが収まりにくいのですw
なので、純正部分だけでは、無理っぽいので補強って感じです。

これらの補強は、G25純正のパドルシフトの軽さが気になる方には、
有効だと思いますよ。スプリングのテンションで重くなりますから。
(まあ、誰もやらないだろうけどw)
左上画像:7mmのアルミ丸パイプと、バネ(パイプの内径に入るなら何でも)
右上画像:左が切断後、バリが・・・ 右の5個が研磨済みで完成。
左下画像:G25本体に穴あけ(6mmで開けて、7mmまで調整しながら拡張)
右下画像:パイプ埋め込み、ホットボンドで隙間埋めと接着固定

■自作パドルシフト部分の補強改造・2
SUS-ver3-FD c-00066
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
G25純正パドルシフト装着後、位置確認。

■自作パドルシフト部分の補強改造・3
SUS-ver3-FD c-00067
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
G25純正パドルシフトだけなら、あれで完成でも良いのですが、
私の自作パドルシフトの内側(スプリングが当たる)部分が、
純正より狭い為、スプリングが半分位しか当たらないのと、
動作時にスプリングが、アルミパイプ部分に擦れて、
変な音がするので、多少改良w

「超低頭小ネジ」これの頭(ドライバー部分)の厚みが、1.2mmと
薄いので、これを使ってみた。
G25ボディにも干渉してなくて、位置も良い感じ。
バネの擦れる音も無くなりましたが、
ネジピッチ分の音は鳴ったり鳴らなかったりで・・・
 鳴っても、小さいので気にならないLV。
まあ、ネジピッチ部分を埋めて、ツルツルにすれば良いのだけどねw
(他の物を使ってみるなど、改良の余地はありだなw)

■自作パドルシフト部分の補強改造・3
SUS-ver3-FD c-00068
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
全て取り付けた、現状の完成画像。


今回は、ここまで。 次回は、ペダル関連の予定ですw

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ

SUS-cockpit Ver.FD3S [4]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

今回は、Aパーツのフレームの一部とメーター&パドル製作関連でーす。
 (Aパーツ「ペダルとハンコン本体」 は、別記事で)

■Aパーツのフレーム (ハンコン 未装着時・1)
SUSver3FD-0050
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

■Aパーツのフレーム (ハンコン 未装着時・2)
SUSver3FD-0051
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

■Aパーツのフレーム (ハンコン 装着時・1)
SUSver3FD-0052
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

■Aパーツのフレーム (ハンコン 装着時・2)
SUSver3FD-0053
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

 ハンドルが・・・ (゚Д゚)? シフト側に片寄ってる???

■Aパーツのフレーム (Bパーツ、エアコンパネル付近の組み合わせ)
SUSver3FD-0054
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
実は、Bパーツのエアコンパネル付近への凸凹の組み合わせと、
Aパーツのメーターフードとの結合部分などを、考慮に入れて作ってたら、
 どうしても、こんな形にw
しかも、メーターフードの幅などの見栄えを考えると、
旧コクピより、横幅が短く(狭く)なっています。
 (と、言っても旧コクピは広すぎたかもですがw 初製作だったしねw)
狭いと言っても、内寸:48cm 、 外寸:53.5cm なので、
 全然問題なしですよ。

これら上、4枚の画像は、最終調整前の画像ですので、
現稼動状態とは、ちょっとだけ変わってます。
 (ハンドル取り付け角度の都合で、補強の角度とか・・・w)

■メーターパネル内 (メーター製作)
SUSver3FD-0055
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
お気付きの方も多いとは思いますが・・・
 メーター自体は、”張りぼて” ですwww

※Ps3 では、アナログメーター動かせないしw (G27のLEDもタコメーターのみ)

まあ、このデザインの中古品は、手に入らないんですよね・・・
数ヶ月探してたけど、殆ど無くて、あっても3万以上だしw
飾りに使うには、ちと贅沢すぎ・・・ って事で。
 (FD3Sのメーターなら、何でも良い訳ではないw)
私のこだわり的に、型番にて、表面処理が変わったり、
その物の形状などが、変わったりしている物は、
 全て(3型~6型)出来るだけ最新。
1型~6型まで、何も変わりない物は、1型でもOKw みたいな感じです。
(シフト周りや、メーターパネル、エアコン付近、
  サイドブレーキ、などは、3型~6型を使用)

まあ、そんな感じで、メーターは、先送り・・・
もし、自分がPCシムとかで、動かせる環境になったら考えてみるw

まあ、”張りぼて” って言っても、それなりに綺麗な仕上げにしていますので、
2m離れたら、気が付きません(見る角度にもよるがw)
めっちゃ綺麗ですよ。
遠目で見たら、まず気が付かないLV。

印刷も「ハイグレード・光沢白フイルムラベル」
 (ちょい、カッティングシートみたいな厚みあり)
表面もエンビ・透明(クリア) 1mm厚 で、裏も同じもので、ぴったり挟んでますので、
歪みもなく、綺麗な仕上がりになってます。

9枚画像の下段真ん中のステーに付いている、
灰色のプラスチックみたいな物は、
SUSアルミ(GFシリーズ)のパーツで、「プレートコネクタ」
これで、SUSアルミ(フレーム)部分に、取り付けてます。
今回の固定の仕方では、全然動きませんけど・・・取り外し簡単w
 (ちょい斜めに、いがませたら、パチンと取れます)

■パドルシフト 製作
スイッチパネル本体(ケース・1)
SUSver3FD-0056
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
9枚の画像を見て貰えば、大体判ると思いが・・・
 (説明の流れは、Zな感じw)
・上段・
1:2mm厚のアルミ板
2:イメージイラストを製作
3:そのイメージイラストを切り取り、あてがい下絵書き

--- 作業中 --- ぎゅ~い~ん~ ぎゅ~い~ん~
DG.jpg
・中段・
4:いきなり切り取りwww
5:ディスクグラインダーなので、バリがハンパない・・・
  丸い部分は、電動ドリルの跡 (グラインダーでは届かない為)
6:色々なヤスリを駆使して、研磨&成形・・・ 最終ペーパー後。

・下段・
7:もう、ツルツルですw (左:自作 、 右:G25ノーマル)
8:今回の35パイ、ハンドル用のサイズ (G25は、27パイ)
9:前記事で紹介した、カーボン柄のシートをこれにも貼り、クリアー塗装

■パドルシフト 完成!
SUSver3FD-0057
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
小さい穴には、ちゃんと、ネジ山を切っていますので、
純正と同じ感覚で、交換可能。 (まあ、ポン付けだなw)

ハンドルユニットに、変な穴が4つ空いてますが・・・ 次回へw

今回は、ここまで。  次回は、レース告知の為、(金、土)以降になります。

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ

SUS-cockpit Ver.FD3S [3]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

今回は、Bパーツのスイッチパネル関連でーす。
 (Aパーツ「ハンドル&ペダル」は、別記事で)

■スイッチパネル本体(ケース・1)
SUSver3FD-0030
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
これらのケースは、電子工作されている方なら、有名所だと思います。
私も昔から知っていたのですが、
 てっきりプラのばかりだと思い込んでましたw
アルミなら、全部アルミとかね・・・w (画像は、比較の為)
この「TB-22」は、片面アルミパネル(青色は保護シート)と言う物で、
今回の用途には持って来いだったのですよ。
サイズも程々w (ピッタリは無し)
2DINサイズよりも、一回り小さいが、他に選択権も無いのでw
 これに決定w

カッティングシートのカーボン柄
これは、安い物をテスト的に購入、理由は後で。

■スイッチパネル本体(ケース・2)
SUSver3FD-0031
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
FD3Sのオーディオ部分に装着するのだけど、
どうやって、固定するかが課題だったw
(純正や他メーカー、オーディオ固定ステーでも良かったんだけど・・・高いw)
それと、SUSアルミとの組み合わせも考えて、簡単にしました。

内側の4隅にキズみたいのがあるのは、そこにあったでっばりをカットした後。

先程も書いた様に、2DINサイズより、一回り小さいので、
何とか間を埋める物を考えるw
柔軟性があって、色が黒の物を・・・
色的には、これしかなったので・・・ちょいmmOVERするけど、
スポンジみたいなもんだし、なんとかなるだろ・・・と。
 (最終形態では、L字分しか使わなかったw)
残りは裏から光が漏れないように、隙間埋めて完了w

■スイッチパネル本体(アルミ部分の加工・1)
SUSver3FD-0032
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
実は、ここのデザインが、一番時間掛かったかもw
ボツ案多数w (私的な感覚では、色々とカッコワルイとの判断でw)
最終的に決めた物で。
ここで重要なのは、「センター・ポンチ」と言う工具(ハンマーの横のやつ)
でも・・・まあ・・・ 多少ズレたが・・・ _| ̄|○ il||li
どっちにしても、「ハンドドリル」で多少ずれたりもするし、
最後の仕上げまでに調整すればOK(アルミ板なので楽かも)
※ここまでは、「電動ドリル」の穴

■スイッチパネル本体(アルミ部分の加工・2)
SUSver3FD-0033
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
装着予定のスイッチ類の大きさ(パイ数/直径)は大きく、
「電動ドリル」では、不可能になる為、
ここからは、「ハンドリーマー」と「バリ取り工具」を使います。
「ハンドリーマー」は、小さい穴に入れて、
  グリグリ回せば徐々に削れて、穴を大きくする事が出来ます。
アルミは柔らかいので、勢いよく回すと失敗するので、ここは、丁寧に。
「電動ドリル」の後、とか、「ハンドリーマー」の後などは、
バリがある事が多いので、「バリ取り工具」綺麗に取りましょ。
(バリが残っていると、手など怪我をする場合もありますからね)
もちろん、見た目の問題の方が重要だけどw

画像下、左右が、バリ取り後、耐水ペーパー掛けた物です。
ピッカピッカのツルツルw ←後の事で重要になる。

■スイッチパネル本体(アルミ部分の加工・3)
SUSver3FD-0034
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
後は、カーボン柄のカッティングシートを貼るのだけれど、
ど真ん中から、左右方向へ・・・って感じで、空気を抜きながら貼ります。
細かい所は、「デザイン・ナイフ」カットして・・・
最後の仕上げは、なんと!!!
 クリアーのスプレー缶にて、保護と艶だしを兼ねて吹きますw
一回に沢山、吹くと・・・失敗しますので、
薄くを数回~数十でも、お好みで分けて吹きます。
最後の仕上げに仕上げ用のコンパウンド処理をしても良かったのですが、
今回は手抜きw (他にやる事、多すぎなんでw)
塗装に関しては、昔からバイクのカウルや車の部分など、
色々やってきてますので、結構得意かもw ←イラナイ情報ダナw

※画像4枚ともクリアー乾燥後です。
安いカッティングシートでも、クリア層が出来るおかげで、
一気に本物ぽく見えますw
 (画像では伝わりにくいが、クリア層のお蔭で綺麗ですよ)

>安物をテスト的に・・・
と書いたのは、このクリア時にクリアの素材的に、
塗装が、載るか載らないかなどを試したかったので、
ダメもと感ありありの挑戦でした・・・w
(最悪、シート自体を剥がすつもりでw)

>ピッカピッカのツルツル・・・
これは、カッティングシートを貼る時に空気や細かいキズなどで、
綺麗に貼れない事にならない様にへの予防策w

まあ、何とか・・・成功みたいw

■スイッチパネル本体(電子部品/スイッチ関係)
SUSver3FD-0035
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
ここに写ってるのは、2種類なんだけど、他にも2種類(計4種)ありますw
始めは、電子部品的な感じで、3種類買って、
大きさや操作感など、色々と悩んでたのですが、
グッと押し込む感じで「いつスイッチが入ったのか判りにくいw」 んー・・・
例えば、 ・「パソコンのキーボード(メカニカル)みたいな、クリック感}
      ・「マイクロスイッチのカチカチする感」
が、欲しいな・・・ って事で、色々探してました。
色んなメーカーのスイッチをググリながら・・・ やっと見つけたよw

※OMRON A2A シリーズ
「超小形マイクロスイッチを内蔵した高性能、押ボタンスイッチ」

っか・・・ マイクロスイッチだもんね・・・w
と、言う事で今まで持っていた数十個のスイッチを放置してw
個数分購入・・・(過去のスイッチに比べると数倍の価格w)

でも! 流石と言うか・・・ OMRONは伊達じゃない!!w
送られてきた梱包みて、軽くびびったw
 (画像参照:送られて来たままw 2個でも1箱w)

即効、手に取って・・・
「おぉぉぉぉ!!!」 これだよこれ!
やっと、理想の物に辿り着けたよw  オムロン (゚∀゚)b GJ

と、言う事で気分を良くして、組み立て作業w

■スイッチパネル本体(電子部品/スイッチ関係・2)
SUSver3FD-0036
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
■スイッチパネル本体(電子部品/スイッチ関係・3)裏側
SUSver3FD-0037
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

■G25 メイン基盤
SUSver3FD-0038
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
さあ・・・ ここからがある意味、本番w
 失敗したら・・・ 買い直しw

  (; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

■G25 メイン基盤・ハンダ付け作業中
SUSver3FD-0039
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
どの部分から、信号取るか・・・
 ①パターン剥いで、そこから取るか・・・
 ②今ある、ハンダ部分から取るか・・・

簡単だし、②をやったんだけど・・・ 成功w
でも! 後日、配線イジッテたら、「ぷりっん」とコードが・・・w
まあ、またハンダしたら、
 いいっか程度に思って用意をし、いざハンダ作業時に・・・

 ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

基盤のランド が、剥がれてるw \(^o^)/ オワタ
 (ちょい、弱すぎないか???)
まったく電子工作をした事ない方LVなら、
 ゴミ箱行きですw 有り難う御座いました。

私も初心者LVなんでw 本心状態の為・・・ 数日間放置w

後日、泣きながら、バイパス加工して、復元を試みてみる・・・
とりあえず、成功www
もうね・・・ 細か過ぎで見えませんwww
 (爪楊枝と比べてクレw
  人によってはこれ位の髪の毛の人、居るんじゃないかw)
もっと、でかいルーペ欲しいw

と、言う事で無事、稼動しておりますw

4枚目の中に基盤入ってますが、
基盤の上に、2mmのゴムシート入れて、スイッチ群には、
干渉しない様になってます。
 さらに、取り付け時には、ネジ部分に、
アルミの5mmスペーサーにて、隙間を出していますので、
干渉は一切無しです。

まあ、あれだ・・・ サイドブレーキ関連で、
信号取りたい方は、①の方法の方が無難だと思います。
②の方法は、ヤバスギですw  (;゙゚'ω゚')

左下の画像:ケース左部分のボンドみたいなのは、
「HOTボンド」で、後で、面一に綺麗に削ぎますw

■スイッチパネル表面(操作ボタン一覧)
SUSver3FD-0040e
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
実際は、この様な表記は無いですw (Blog説明画像用)
もう、覚えちゃってるし必要もないぽぃw

今回は、ここまで。

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ

SUS-cockpit Ver.FD3S [2]

こんばんわ(゚∀゚)ノ

この間から、画像を整理&編集しているのですが・・・多すぎw
去年の夏前から~完成時までで、約1400枚 (約5.5GB)
ピクセルは、後々編集しても劣化しない様に (4000x3000)なので、
私の旧スペ・パソコンでは、重い重いwww
と、言う訳でちょい時間掛かりますので、
 まったり待ってて下さいませw

今回は、シフト部分関連でーす。
 (スイッチパネルは、画像多めなので別記事で)

■本体Bパーツ (Aパーツは、ハンコンが付いてる本体フレーム)
SUSver3FD-0020
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
ちゃんと、別パーツになる様に作っています。
これは、メンテし易い様にと、
もし当分やらない時の片付けなどを考慮しての設計です。

この仕様にした為に、
 Aパーツ(ハンコン本体) と Bパーツ(シフト&スイッチ&電源)
の間に、一旦コードの延長線みたいな感じになっています。
 (コード両端は、それぞれのカプラ(端子)仕様)にしています。

ですので、G25(標準仕様)のシフトユニット&ペダルユニットが、
いつでも、差し替えて使えます。
 (まあ・・・やる事ないんだけど・・・w)
延長コードがあると、長い分バラバラにしての動作チェックなどで、
メンテし易いですよ。

■シフト部分・1
SUSver3FD-0021
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
※赤色の部分は、最終的には、”切り落としてます”
こんな感じで、装着されております。
取り付けには、部分的にネジ止め(FD3S標準ネジ場所)と
 下からの突き上げ方式で、固定しています。
(シートに座り、肘掛けて多少、体重掛けても全然大丈夫)

右下の画像に写っている、シフトブーツの内側補強部分の大きさ制約と、
ボディ部分にキズや穴など、付けたく無い為に、
今回は、6速Hシフト専用になりました・・・w(シーケンシャル・シフトル排除)
まあ現実、ハンドル部分のパドル・シフトを多用するし、
車種的に、Hシフトを気分で楽しむって感じになりますかね。

外見上、全く加工後が残らない状態で、装着出来るなら、
シーケンシャルも欲しいんだけどな・・・ (´・ω・`;)
もし、良い案(具体的な)があれば、連絡お待ちしておりますw

■サイドブレーキ
SUSver3FD-0024
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
白く円になってる部分が、サイドブレーキ関連。
大き目のマイクロスイッチ(ローラー型)
下の方のちょびっと出てる部分で、引き具合の制限を付けてます。
まあ、スイッチとステーが壊れない程度にしてありますがw
初めは、ステー部分もある程度動く様にとも考えてたのですが、
実際、サイドブレーキを引く作業は、「一瞬で少し」って事が多いと思うから、
今回は、この仕様にしました。
※サイドブレーキは、コントローラーの○ボタンと同じですので、
  細かな効き具合(実車の様な事は出来ません。ON、OFF のどちらか)

■シフト・ユニット固定ステー・1
SUSver3FD-0023
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
※赤色の部分は、最終的には、”切り落としてます”

■シフト・ユニット固定ステー・2
SUSver3FD-0025
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
※赤色の部分は、最終的には、”切り落としてます”
  ↑赤い部分、編集し忘れたw

バルキリーの変形みたいだなw (゚Д゚)・・・

こららは、色々なステーを買ってきて、
知恵の輪wみたいに、あれやこれやしている内に出来た組み方ですw
(他にも大量にステー、余りましたが・・・w)

このステーめっちゃ硬いので、細かな削りや切断には、
「ディスクグラインダー」を使用しています。
■参考画像:ディスクグラインダー
DG.jpg
使用時は、火花飛び散り、肌に当たると熱いw
 必ず、目の保護はして下さいね、マジやばいから。
まあ、指とかも当たれば切断など、やばい事になりますから、
 中途半端には、使わない様に。
便利な物ですが、取り扱いには細心の注意を謀って下さいね。

■ G25 本体抜け殻・・・
SUSver3FD-0022
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
まあ、見ての通り・・・ 抜け殻状態です。
 G25本体部分 今まで、ありがとー! 
中身は、ちゃんと使えてるから・・・

今回は、ここまで。

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ

SUS-cockpit Ver.FD3S [1]

こんにちは~ (゚∀゚)ノ

とうとう完成しましたよ!!!  NEW コクピット!

うぅぅぅぅ 長かった・・・ (←やる気無かっただろw)
一部の方には去年から予告していたのに、もう・・・春だよw
 (楽しみにしていた方々、本当にスミマセンでした)

でも、時間が掛かった分、
自分なりに納得出来る仕様&完成度になりましたので・・・
私的には満足しております。
(ここまで来るのに何回やり直し(仕様変更)した事か・・・w)

完成画像でも見て下さいませ。

※細かい部分の説明&画像は、後日、数回にてUP予定です。

■ FD3S キタ――(゚∀゚)――!!
SUSver3FD-0001
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
SUSver3FD-0002
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
SUSver3FD-0003
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
今回のコクピは、FD3S の部品を加工せずに取り付けれるかが課題で、
その為のデザインになってしまったと言っても過言では無いw
見ての通り、3本の足と言う安定感の無さそうな感じですが、
ダブルフレームの多用で、1本の時より、合成感が増しています。
もちろん、まったく揺れないとかは、不可能なのですが、
私の操作では、全然問題無いです。
 (旧コクピより、合成感はUPしています。)

後、乗り降りもシートを後方へ スライドさせなくても、
座ったまま、お尻を軸に回転すれば、足を曲げずに乗り降りが可能です。
(ちょい、大げさかなw まあそれなりで快適ですよ)

シフト部分のSUSパーツは、90%余り物で、現物合わせ状態ですので、
見えない所で、長さが・・・ って感じ。

他の細かい所は、また別記事で。
SUSver3FD-0004
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
FD3S にそっくり見えるのは・・・ 当たり前w
実車の部品をそのまま使っていますので。
  ( ̄ー ̄) ニヤリ

ステアリング(ハンドル)は、35パイ
SIMONI RACING (X5 carbon look) ¥55,650
http://www.fet-japan.co.jp/simoni/pr_steering-w.html
だか・・・
価格が、ハンパないので、デザイン的に似ている偽物ぽぃ物を
見つけて購入(新品:¥6,000位)だったw
ゲーム用なので、私的にはコレで満足しております。
(私的な感想では、私の手のサイズの合っているのか、
  握った感じが凄くフィットしてて、凄く良いです。 G25純正より良いかもw)

後、「35パイって、デカイんじゃない?」と思われると思いますが・・・
私も今までのG25の27パイを操作していた時に変更してれば、
「デカイ!!!」と思ったと思います。

で・・・も・・・

実は、自分のハンコンを操作するのは、ほぼ1年ぶりですので、
27パイの操作感を忘れてたみたいだったw
今回の35パイでも、それ程、違和感無く扱えてます。(マジ、不思議w)

まあ、実車を運転されている方の多くは、35パイ以上ですので、
これでも、小さいんだけどねw
(地域に依っては、35パイでは、車検通らない場所もあるしw)
と、言う事で私もそれなりに運転出来てます。

ここ数回、レースでの私の走りを見て貰えれば・・・納得のハズwww
 (゚∀゚)ポポポポーン♪

※G25 に実車のステアリングは、そのままでは装着不可能です。
 それなりの変換ボスが必要です。
 私の場合は、「かずくんさんの御好意により、譲り受けたものです」
 (かずくんさん、本当に有り難う御座いました。)
  この変換ボスが、無ければ完成しなかったと思います。
  本当に感謝しております。
  後、これは、ワンオフ、一点のみですので、
  かずくんさんの方へ連絡して無理ですw もうありません。
   作る事も出来ないと言う事ですので、
  くれぐれも、連絡しない様に御願いします。
  御迷惑を掛けるだけになると思いますので、宜しく御願いします。

  同じ様な物は、海外サイトにありますよ。(ググッたら出てきます)


あっ、後「FD3S の運転席を知らない???」 って方へ これを ↓

■ FD3S (100%)
コクピット比較 01a
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
■ 半透明合成 FD3S (50%) + SUS-cockpit Ver.FD3S (50%)
コクピット比較 01b
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
■ SUS-cockpit Ver.FD3S (100%)
コクピット比較 01c
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

 ねっ? 完全に一致w      (スミマセン・・・ほぼ一致デス) (^ω^;)

■モニター含む、違うアングルからの画像
SUSver3FD-0005
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
SUSver3FD-0006
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]

■サイドブレーキ & 自作パドルシフト
SUSver3FD-0007
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
サイドブレーキは、もちろん・・・動きますよw (○ボタン連動)
実車のドリフトを知っている方は、
この「スピン ターン ノブ」を知っていると思いますが、
知らない方の為に軽く説明w  (先っちょのブルーアルマイト部分)
サイドブレーキを上に引いた状態で、ノブをひっぱり出すと、
 その位置でロックします。
逆にノブを押し込んでる時は、サイドブレーキを引いてもロックせずに
 自動的に一番下の定位置まで戻ります。
ドリフトの時、サイドブレーキだけを上げ下げするのに重宝します。
(通常のサイドブレーキは、引くと自動的にその位置でロックしてしまいます)

自作パドルシフトは、別記事で。

■コクピットに着座しての画面の見え方(視界)
SUSver3FD-0008
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
クイックオプション→【車内視点の画角】
左上:標準
右上:狭い
左下:さらに狭い
右下:さらに狭い + 画面表示無し
んー
やっぱ、右下がリアルで良いけど・・・実際に走行するには・・・左下かなw
その分、ゲーム内のメーターフードと、
 コクピのメーターフードが、多少重なってそれなりに良い感じw

■コクピットに着座しての画面の見え方・2(視界)
SUSver3FD-0009
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
※サイドブレーキを掛けた状態で、停車しておりますので、同じ位置です。

私がゲームしている時の視点(見てる感じ)は、この4枚な感じ。
モニター中央の下部分が、実車のメーターフードにて、
 ほんとチョットだけ見えてないですw
左上の画面で説明しますと、
タコメーター&スピードメーターの間にある、デジタル表示のスピードメーターすぐ下に、
通常なら見えてる「km」表示以下が見えないですw
まあ、その程度なんだけどねw

■最後におまけw (めっちゃ、やっつけのネタ画像)
SUSver3FD-0010
 [クリックで、大きい画像出ます]    [サイズ、ガンマ、色関連は編集しております]
妄想のイメージ化w 画面比率おかしすぎだろ・・・
 (^ω^)プププw

今回は、ここまで。

じゃ、またねん。(゚∀゚)ノシ
Amazon.co.jp 【グランツーリスモ 6 予約】 

※左側↓【PlayStation 3】 グランツーリスモ 6 【初回限定版】
                  -15周年アニバーサリーボックス-
グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス-      グランツーリスモ 6 【通常版】

※右側【PlayStation 3】 グランツーリスモ 6 【通常版】↑

PlayStation4 banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。